資本金について

Pocket

会社設立の費用のうち資本金は一番大きなものとなるでしょう。現在では資本金1円で開業することも可能なのですが、実際には数百万円というお金を用意することが多いです。

札束そんな資本金というのは、開業をした時点において会社の所有している運転資金のことです。この資本金の額が大きいということは、その会社は財務上とても余力があるということが分かります。そのため、資本金の額というのは会社としての信用度を表すものにもなっているのです。株式会社の場合は株主から払込された出資金が資本金となります。ただし、いきなり多くの人から出資してもらえるケースは稀であり、ほとんどのケースでは会社の創業者が出資することになります。

資本金は一般的には会社が3ヶ月間利益を得られなかったとしても大丈夫なお金に設定しておくべきとされています。資本金が多ければ会社の資金繰りはとても楽になるでしょう。融資も受けやすくなります。

資本金は1,000万円以上だと消費税の課税業者となってしまい、1,000万円未満であれば消費税は2年間免除されます。したがって、基本的には資本金は最初のうちは1,000万円未満に設定するべきでしょう。資本金は会社設立の際に必ず必要となるものです。きちんと考えておきましょう。